MR転職・中途採用 4月入社

円満退職のための退職時期

MRの中途採用は基本的には通年で求人募集が見られますから、転職活動の結果、中途採用された場合には入社時期は採用された後、1,2ヶ月後の1日となる事が多いのではないでしょうか。

円満退職をするためには、引き継ぎをしっかりと行う事も必要です。また、今関わっているプロジェクトが一旦落ち着くまでは残って欲しい、ということで想定よりも長く残る必要がある場合もありますよね。

そうした退職時期と、新しい製薬会社への入社時期を調整する事も重要な事です。

MR転職エージェントを利用すると、こうした転職先への入社調整もコンサルタントが行ってくれますから、少し転職者の負担が減りますよね。退職時期の絡みもありますしね。

転職先が決まってから退職の意思を伝えることも多いでしょうから、引き留めを振り切って、1,2ヶ月後の退職、入社となる事が多いと思います。

年明けからのMR転職活動 4月入社が多い?

日本の企業の多くは4月が新年度、新しい期の始まりということで年明けの採用は4月1日入社とする事も多いです。

とはいえ、外資系企業も多い製薬会社では、1月入社も多いですからこのあたりは企業によって異なってきますね。外資系企業では会計年度が1月から新年度になる事が多いため、1月入社も増えると言います。

中途採用が増える時期(MR求人が増える時期)、と言うことがいえますから転職を目指すためには良いタイミングである事は間違いないでしょう。

転職のためのスケジュールを逆算して動くことも大切です。MRの中途採用で入社時期として多いのは、1月、4月、7月、10月頃と3ヶ月刻みで多いようです。

転職のためのスケジュールも関係してきますよね。
一般的には、転職活動を始めて以下の流れで選考が進んでいきます。

書類選考 → 一次面接 → 役員面接 → 内定

といった流れです。

面接の日程調整が上手くいけば、1ヶ月程度で終わる場合が多いのですが、多くのMRの方は仕事をしながら、転職活動をされていると思います。

製薬会社から提示される面接日に伺う事が出来なければ、当然ですが選考期間が長くなることになります。そのため2ヶ月程度かかる場合も多いです。

MR求人が増える時期としては、お盆明け、年末年始明けがありますが、年明けから転職活動を始めて4月入社が多くなるのはこうした選考期間の長さも関係しているといえます。逆に言うと、4月入社で転職先を決めたいのであれば2月中には内定をもらいたい所です。

実際に転職を希望されている製薬会社がある場合、今までどのくらい選考期間がかかっていることが多いのか、といった情報も、MR転職エージェントを活用することで得られますし、企業毎に重視される面接対策などもサポートをもらえるでしょう。

MR転職を成功させるために、こうしたMR転職エージェントを上手く活用してみてはいかがでしょうか。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ