MR転職のメリット

今の仕事のいい所を探す

他の業界からMRとして異業種転職を目指す方も多いと思います。

また、今まさにMRとして働いているけれど、待遇面で不満があったり、仕事に対して少し自信がなくなっていて他の業界へ転職しようかな・・・とお考えの方もいたりするかもしれません。

現状の待遇に不満があったり、もっと上のポジションを目指したい、今の仕事に自信が無い・・・そうした場合には、環境を変えると仕事がしやすくなったりします。

自信が無い場合には、その原因を見極める事が必要です。

その原因を見極めてからでなければ、たとえ違う業界、職種へ転職したとしても同じ理由で再度退職、転職グセがついてしまう可能性があります。

であれば既にキャリアを持つMRとして環境を変えたり、領域を変えてみたり、病院担当からクリニックなど担当へ変更してもらったりすることで仕事が進めやすくなる可能性もあります。

まずは今のキャリアを活かす形で考えた方が良いのではないでしょうか。

また、改めてMRのメリットを考えてみると他の仕事に転職するよりもいい部分も見えてくるかもしれません。

MRとして働くメリット

MRは医薬品業界で働く営業職。MRとして働くメリットについて、改めてまとめてみたいと思います。

社会貢献度の高い仕事

MRの仕事自体は大変です。勤務時間帯も不規則になりますし、待ち時間も多いです。ライバルも多いです。最近ではジェネリック医薬品も増えてきました。

それであっても、その先には患者さんがいます。自社製品、特に自分が導入に貢献した医薬品によって患者さんが回復した、というった話を聞くことは大きなやり甲斐になると言います。

自分が扱っている製品がどんなものか。
仕事をしていると、業種・職種問わず厳しい、辛いことはあります。その状況を切り抜けて長く仕事をするためには自分が扱っている製品の性質はとても重要だと言えます。

MRの仕事は営業ではありますが、扱っている製品は社会貢献度の高いもの。そうした意味では、仕事を続けていく動機付けになるのではないでしょうか。

特に新薬の発売によって、また新たに回復する可能性がある患者さんが増えるとなれば、それは大きなやり甲斐になると思います。

価格交渉がない

MRの仕事と他の業界の営業の仕事を比べると、価格交渉について挙げられる事が多いです。

他の業界の営業職の悩みは、価格交渉がよく出てきます。安く仕入れたい営業先と、高く売りたい自社の指示とで板挟みとなって苦しむ事も多いんですね。

そうした悩みがない、というのは他業界の営業職から見るとものすごく恵まれている事だとされます。

景気に左右されず、安定した業界

MRが働く業界は景気に左右されにくい安定した医療業界。高齢化が進む国内において、数少ない安定した業界となります。他の業界は確実に縮小する見通しですから、積極的に海外進出を狙っている企業が多いです。

もちろん製薬会社としても海外進出を会社の成長には不可欠として、力を入れている所も多いですが、国内の景気に左右されにくい業界として安定感があります。

また新規参入困難なため、業界内のパワーバランスが崩れにくいということもメリットに入れてしまって良いと思います。

高年収であること

MRは高年収、というイメージを多くの方が持っていますが、実際高年収を実現しやすい職種です。

30代で年収1,000万円を十分狙える仕事というのはそうそう無いでしょう。

年収、給料も仕事が辛いときのモチベーションの一つになりますし、やはりビジネスマンの年収目標として1,000万円を掲げる方も多いですから、給料面はメリットといえると思います。

専門知識を高めてドクターから頼られる存在に

すぐにこうした存在のMRとなるのは難しいですが、研鑽を重ねていくうちに、ドクターから情報を求められることも増えてくるでしょう。

ましてこれからは専門領域に特化してより深い知識を持つMRが求められてきます。こうした存在になることが出来れば、仕事に対してもまた違ったやり甲斐を得られるのではないでしょうか。

以上、MRとして働くメリットについて改めて考えてみました。

今の環境を変えたい、もっと自分にあった製薬会社のMRとして転職したい、といった事がもしあれば、多くの転職事例を持つMR転職エージェントに相談をしてみてはいかがでしょうか。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ