コントラクトMR転職 メリット・デメリット

コントラクトMRとして転職する前に

コントラクトMRとして転職をご検討されているMRの方も多くいらっしゃると思いますが、ここでは改めて、

「コントラクトMRとして働くメリット・デメリット」

についてまとめてみたいと思います。

MRは比較的、人材流動性の高い職種だということが言われますが、かといって転職回数が増えるとその後のキャリアには影響は出てくる可能性があります。

年齢に見合った転職回数、というのはやはり採用担当者は個々で持っているものですし、在職期間が短くなってしまった場合には、確実にマイナスイメージをもたれてしまいます。

志望動機、転職理由などによってマイナスイメージを払拭することは可能ですが、その分だけ労力を必要としてしまいます。

コントラクトMRとして働くメリット

まずはコントラクトMRとして転職、働くメリットについて見ていきましょう。

勤務地限定で働きやすい(転勤無し)

分かっていても転勤で悩むMRは多いでしょう。ここ数年、ずっと単身赴任で頑張ってます!というMRの方も実際多いですよね。

しかし、家族との生活を充実させたい、親の介護、家族の体調面などの理由から転勤出来ない事情がある方もいます。そうしたとき、勤務地限定で働きやすいCSO企業でのコントラクトMRという働き方は大きなメリットとなるでしょう。

様々なプロジェクトでキャリアを磨くことが出来る

CSO企業には様々な製薬会社からプロジェクトが依頼されています。オンコロジー、中枢神経、肝炎領域など経験を積みたい領域があるMRの方にとっては、プロジェクトを選ぶ事で専門領域を磨くことが出来る働き方が可能になるでしょう。

中には新薬販売に関してのプロジェクトもありますから、今まで新薬経験を積む事が出来ずに悩んでいた方にとっては、新薬上市に伴っての営業経験を積む機会を得る事が出来るでしょう。

キャリアに合わせた働き方がしやすい、と言うこともコントラクトMRとして働くメリットになると言えます。複数社のプロジェクトに参加する事で、様々な製品、分野についての知識、経験を積んで行く事が出来ますから、専門領域MRとして、ジェネラリストMRとして希望のキャリアを積んでいきやすい、ということはあります。

未経験、経験が浅い方もコントラクトMRとして採用されやすい

コントラクトMRは未経験者、MRとして経験の浅い方も製薬会社と比較して中途採用されやすいと言えるでしょう。

研修制度が整っているCSO企業も多いですから、第二新卒の方などでMR職を志望される方は、コントラクトMRとしてまずキャリアを踏み出す選択肢も良いかもしれません。コントラクトMRとして経験を積んだ後、製薬メーカーへ転職をされる方も少なくないんですね。

キャリアを積む際にもコントラクトMRとして様々なプロジェクトに関わって行く事はプラスになるでしょう。

コントラクトMRとして働くデメリット

次にコントラクトMRとして転職、働くデメリットについて見ていきます。

プロジェクトの期間が約2年間であること

コントラクトMRとして働く場合、それぞれのプロジェクトの期間は平均して2年間と言われます。 プロジェクトが終わる度にまたドクターとの信頼関係を築いていく事になるため、それが大変と思われる方には向かないかもしれません。 逆に、MRとして仕事に対して変化があった方が集中力を発揮できる方には、短期のプロジェクトで区切られる事は良い影響になるかもしれません。

エリアによっては希望勤務地での仕事が無い可能性も

コントラクトMRのメリットとしてよく言われる勤務地限定での働き方、ですが、プロジェクトの状況によっては当然の事ですが、希望勤務地での仕事が無い可能性があります。その時にどうするかは、考えておいた方が良いかもしれません。

実績次第でその後のプロジェクトへのアサインが変わる

コントラクトMRは比較的短期間での実績を求められます。幾つかのプロジェクトに関わっても実績が上がらない場合、非常に厳しい判断をされる可能性もあります。

給料、福利厚生

CSO企業で働く場合、給料・年収、福利厚生に関してはどうしても製薬メーカーよりは劣る場合も多いです。中には年収アップする方もいますが、一部といって良いのではと思います。

もちろん転職後、その後の実績次第では、給与アップや待遇改善は十分に期待できるでしょう。

女性MRが活躍しやすいCSO企業、コントラクトMR

製薬業界で働く女性MRの人数は増えていますが、働きやすい環境が昔よりも出来つつある、ということも影響していると考えて良いと思います。

まだまだ結婚や出産などを機に退職してしまう方も多いのですが、復職される女性MRの方も増えているということです。その復職先として、コントラクトMRを選ぶ女性も多いんですね。

といった理由などから、製薬業界での仕事に復帰したい女性MRにとっては働きやすい環境となってきています。

やはり転勤無し、勤務地限定で働きやすいというのは大きいと言えるでしょう。ご結婚されていれば特にそうですが、転勤はできない場合がほとんどだと思いますからね。

女性MRの活用に積極的な製薬会社、CSO企業が増えてきたことで、キャリアを積み重ねやすい環境になってきているといえるでしょう。

どの製薬会社、CSO企業が女性MRの比率が多いのか、離職率は高いのか低いのか、といった情報もMR転職サイトを活用することで得る事が出来ます。

転職をお考えの女性MRの方も、こうしたMR転職サイトの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

コントラクトMRに関して具体的に求人の待遇、どういった働き方で募集がなされているのか。

そうした情報を詳しく得るには、以下でご紹介しているような当サイトからもご登録が多いMR転職エージェントを活用して、情報収集される事を検討してみる事をお勧め致します。

どんな働き方にもメリット・デメリットはありますが、メリットを大きく感じるMRの方も多いと思います。

コントラクトMRとして転職する事のメリット、デメリットについてはまた随時追加していこうと思います。

製薬会社勤務のMRとの違い

ニーズが増しているコントラクトMR、派遣型としてどのように仕事を行うのでしょうか。

基本的にそれぞれ派遣された先の会社に勤めて、派遣先の上司の監督を受けて業務を行うことになりますので、各自が受け取る名刺にはその派遣先の社名が記されています。

大抵は医薬品のプロジェクトごとの派遣となるため、一つの派遣先はおよそ2年間となり、そこでの仕事が終了したらまた別の製薬会社に派遣されて働くという形になるのです。

製薬会社に勤めるMRとコントラクトMRの最大の違いはここにあり、自社の薬ばかりを担当するのではなく、様々な製薬会社を渡り歩いて幅広い医薬品を紹介する事になります

ニーズが高いエリアであれば、引越をせずにずっと都内や県内で仕事が出来ることも見込めます。

そのため、転勤無しで働きたいMRの方が製薬会社からCSOに転職をされるケースもあります。

コントラクトMRは多様な働き方を実現する方法の1つです

コントラクトMRについてです。働き方の選択肢として注目されているMRの方も多いと思います。

今の製薬業界の状況から転職を検討されている30代、40代のMR職は多いのではないでしょうか。

代表的なCSO企業としては、アポプラスステーション株式会社、シミック・アッシュフィールド株式会社、ACメディカル株式会社、株式会社EPファーマライン、エムスリーマーケティング株式会社などがあります。

多様な働き方を実現する方法として、このコントラクトMRとしての働き方がちょうど良い、という方もいると思います。

各製薬会社への配属は2~3年で様々な製薬会社をまわります。タイミングが良いと未経験者を対象にした募集が見つかる事もあります。製薬会社MRとして活躍された方の転職であれば、十分にチャンスはあると言えるでしょう。

未経験者の場合、新薬製薬会社よりもコントラクトMR派遣会社のほうが就職しやすい傾向があり、勤務先が新薬メーカーであればそこでの経験を活かして、その後、新薬メーカーへの転職も可能となってきます。

転職の前に、コントラクトMRの将来性について

この数年で大手製薬会社も明らかにMRの採用抑制、早期退職募集(リストラ)を実施いう方向に舵を切り、とMRにとっては厳しい状況となってきています。

このまま今の会社に残っても将来、厳しいかも・・・と考える方は、選択肢として転職も考えている方が多いでしょう。

実際、20代、30代と若手MRや優秀な人材から転職しているのは、製薬業界も同様です。

会社に残るは50代で転職先が見つからないベテラン、所長クラス。
しかしその前途も降格の憂き目・・・といったケースも聞こえるようになってきました。

MRとしてキャリアを積まれた方の転職先として、候補となる事が多いCSO、コントラクトMRですが将来性は現時点ではあると言って良いでしょう。

全体として人数が減少してるMR職ですが、コントラクトMRの人数は2016年10月の時点で3,882人と増え、CSO活用企業数も過去最高となっていたようです。

CSOを活用する企業は今後も増える事が予想されており、その分プロジェクトも増加するでしょう。

有能なコントラクトMRの方は給与面でも今後は十分期待出来るのではないでしょうか。

プロジェクト数はエリアにもよりますが、様々なプロジェクトを経験し専門性を身に付け、またCSO自体も成長性が見込まれることから、今の製薬業界の中では将来性はあると言って良いのではと思います。

日々、転職情報に接しているMR転職エージェントの分析なども、転職活動に利用される際には質問をして参考にされてみてはいかがでしょうか。

コントラクトMRとして転職を考えたい場合

MRの転職は、現状なかなか厳しい状況が続いています。

基本的には、製薬メーカー各社はMRの中途採用は抑えめ傾向が続いていると言って良いでしょう。
この傾向はこの先好転する兆しは今のところ見えません。
(どちらかというと早期退職募集、リストラの流れですよね・・・)

しかし、コントラクトMRに関しては別といえます。

プロジェクトありきのCSOではありますが、その働き方ゆえに、これから先も堅調な需要が見込まれています。

コントラクトMRとしてどういった働き方になるのか、コントラクトMRとして転職するならばどういった待遇の求人があるか、など情報収集をする必要があります。

今はまだCSO各社ともに、採用ニーズは高いと言って良いかと思います。
しかし、そうした状況もいつまで続くかは分かりません。

MRを増やしたい状況で転職をした方が好条件はやはり引き出しやすいでしょう。
転職のタイミングを計るためにも、情報を得たいところです。

コントラクトMRへの転職、求人情報に関して最新の動向を得るには、この下でも「特に利用されている2大転職サイト」としてもご紹介をしていますが、専門の転職エージェントを活用する方法がオススメです。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ