専門MRへのキャリアチェンジ求人

専門MRへのキャリアチェンジ求人

MR転職で多いのは、MR⇒MRの転職、なのですが今後の業界の行く末を考えて、専門MRへのキャリアチェンジをお考えになっている方もいらっしゃるのではと思います。

専門生を高め、MRとして今後も活躍していく(生き残っていく)ために、キャリアアップ出来る環境に身を置きたい、専門領域MRとして働きたい。

そうした転職希望のMRの方も増えていると言います。

製薬業界は今転換期、といっても良いのかもしれません。MRは漸次、減少傾向になってきているといって良いでしょう。

そうした状況もありますが、MR職は依然として手当も手厚い製薬会社も多く、高年収が実現出来る職種として人気はあります。

転職をお考えになるきっかけは様々と思いますが、ジェネリックメーカーに転職するか、CSOを考えるか、それとも専門MRとして目指していくか、などお考えになっている選択肢もMRの方一人ひとりで違いがあると思いますが、転職は本当に悩む事も多いもの。

果たして転職成功の可能性があるのかどうか、といったところから迷ってしまう瞬間もあるかもしれません。

そうした際にも第三者からの客観的なアドバイスがもらえるとして、転職エージェントの活用を検討してみてください。

当サイト経由で最も利用されているMR転職サイトはこちらです

MR転職を専門とする人材紹介会社には、専門領域MRを募集している製薬会社の情報ももちろん集まっていますし、これまでの転職支援実績から具体的にアドバイスももらえるかもしれません。

専門領域MRへの転職を目指す、といってもオンコロジー領域や免疫領域MR、中枢神経領域MR、糖尿病領域MR、循環器領域MRなど様々です。どこを目指していくのか、といったことも転職活動時には重要なポイントとなります。

重点領域としている製薬会社の方がMR中途採用を行う機会も多いと予想されますし、求人が出てきた時はタイミングを逃さずに動くことも重要ですね。

製薬会社からのMR求人に関しては、専門性の高い求人ほど非公開求人となっているケースもあります。

人材紹介会社が取り扱う求人のうち、8割~9割といった部分が非公開求人だと言われます。(人材紹介会社により比率は異なります)

実際に転職するかどうかは別として、情報収集のためにもMR転職サイトの活用が重要と言えますね。

コントラクトMRとして働いて、経験を積むという道も

専門生を高めて、これからも製薬業界で仕事をしていきたい、より医師、患者さんに貢献できる仕事をしていきたいという場合。実際には専門領域MRへの転職は条件が厳しくなってきているという現実もあります。

そうした中、現状で応募条件に満たない場合の選択肢としてコントラクトMRとして働いて、経験を積むといった選択肢も注目されています。

CSOによっては専門性の高いMR(オンコロジー領域など)を育成している会社もあります。アポプラスステーションなどは教育研修制度に非常に力を入れていると言われますね。

CSOで幾つかプロジェクトを経験して、再び転職活動をされるMRの方も実際いらっしゃいます。

MR転職に多くの実績を持つ人材紹介会社を利用する事で、様々なケースを参考に聞く事も出来ますから、今後の働き方を見直すきっかけにもなると思います。

実際、こうした転職サイトを利用される方の多くが最初から求人への応募を決めているわけでは無いそうです。登録後、紹介された求人で良いものがあったので、実際に応募を検討し始めたという方が大部分だと言います。

まずは情報収集から、始めてみるのも良いのではと思います。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ