オンコロジー領域 MR求人ニーズ

MR転職 オンコロジー領域の中途採用

MRとして転職を検討されている方の中で、オンコロジー領域(ガン領域)を経験されている方も多いと思います。

引き続き、MR求人の中においてオンコロジー領域MR求人は製薬会社からは採用ニーズが高い事が予想されます。

多くの製薬会社では引き続き将来有望なオンコロジー(がん)領域に力を入れて研究開発を行っていますよね。パイプラインを見る事で、どこの製薬会社が有望かを見極めようとされているMRの方もいらっしゃるかもしれません。

重点領域にしている製薬会社も多いですよね。いずれはガン領域でブロックバスターが複数出てくるかも知れません。

営業部門強化の動きが見られますから、それに伴って中途採用も活発になっていくのではないでしょうか。

例えば新薬上市などが予定されていれば、やはりメーカーとしては市場を一気に取りに行きたいですから、担当するMR部隊を強化してきますよね。これは今までの流れを見ても各社ともそうした動きを取る場合が多いです。

新薬上市を経験したいMRの方などは、こうしたチャンスは逃さずにチャレンジしたい!という気持ちをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

また、早い段階からオンコロジー領域で経験を積んでおきたい、と言うことでキャリアチェンジを希望されている方もいらっしゃるでしょう。

未経験領域へ転職を希望される場合には、それまでの経験から領域を変えても活躍できる、売上げを立てられる(再現性がある)事をアピールしていく必要があるでしょう。

どういったアピールをしていくべきか、といった事は自分自身ではよく分からない事も多いと思いますから、製薬会社への転職支援を行っているMR転職サイトを活用して履歴書や職務経歴書の書き方、志望動機のまとめ方、面接対策などアドバイスをもらってみると、その後の転職活動の進め方も考えやすいのではないでしょうか。

製薬会社ごとにやはり採用されやすい人材像、傾向ってあるようですからね。そうした話も聞くと参考になると思います。

こうしたMR転職サイトの利用は無料ですから、情報収集には1社は活用されると良いかと考えます。非公開求人もありますからね。

社内で領域異動の希望を出しても、なかなか実現する事って少ないと思います。あまり話を聞いたことがありません。よほど今の領域で実績を出していて、会社に対して意見が認められている場合には可能かも知れませんが・・・。ただ、今度は実績を出して入れば出していたで、慰留はありますよね。

そういった訳で、社内異動が難しい事に気づいたMRが転職を決意する、といったケースも多いのだそうです。

引き続き注目のオンコロジー領域MR求人

2015年も年末に近くなってきていますが、実際にMR転職サイトにて掲載されていMR求人を調べていても、オンコロジー領域のMRを募集する求人案件は比較的多い状況です。

人手不足の状況が続く場合、多少経験が浅くても伸びしろが期待出来る場合には、採用して、教育していこうというという場合もあります。

オンコロジー領域での経験が浅くても、上から営業部門強化の方針が下りてきている場合には、多少キャリアが浅い場合であっても、採用される可能性は十分考えられます。

ただし転職活動をするにあたっては、論理性、再現性がやはり求められますから今までの仕事と棚卸をし、説得力のある応募書類、面接準備をする事が欠かせません。

MR中途採用で、選考時に評価されやすいのは大学病院、基幹病院でのMR活動経験というのはやはり変わらないようです。もちろん経験があるだけで実績が出ていないと難しいです。

とはいえ、そうした大学病院、基幹病院でのMR活動を持つ方ばかりではないですよね。中小病院を担当しているMR、開業医・クリニックを担当しているMRの方も多いでしょう。

そうした場合であっても、今までの業務経験、新規採用の実績などがあればしっかりアピールできるようにまとめることで、中途採用に繋がるように準備を行っていきたいですね。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ