市場価値の高いオンコロジーMR

オンコロジーMRとしての求人ニーズ

オンコロジーMRの市場価値は数年起きに大きく高低差が出来ると言われていますし、実際そのような求人ニーズとなっているようです。

今(2015年)は比較的、オンコロジーMRの市場価値は高いといって良いと思います。

武田薬品工業も2014年4月より一人のMRが全ての製品を担当するジェネラルMR体制から、専門領域を持って製品を担当するMR体制に変更。「循環器・糖尿病・代謝性疾患」「消化器・中枢・泌尿器・骨・免疫疾患」「オンコロジー」の3つの疾患領域それぞれの体制です。

それに伴ってオンコロジーMRの増員をかけたこともありますし、今はオンコロジーMRとしてキャリアを積まれている方は、キャリアアップの転職に挑戦する機会も得やすいのではないでしょうか。

また、その転職に伴って年収アップする事もあるでしょうし、機会を得るために年収ダウンを飲んで転職を決断する場合もあるかと思います。

抗がん剤を販売しているメーカーとして知名度の高い外資製薬メーカーとして、

などがあります。
国内資本製薬メーカーでは、中外製薬などがありますね。

今後も発展が期待されるオンコロジー領域

オンコロジー領域は再生医療(iPS細胞)によってさらに発展が期待もされています。そうしたこともあって抗がん剤を開発、取り扱っている製薬メーカーではオンコロジー専門MRを強化している所も多いです。他領域で経験を積まれた方、オンコロジー未経験を中途採用し強化する動きもあるかもしれません。

高度な専門知識、スキルを身に付け、医師に対してしっかりとした情報提供が出来るMRを育てるために、各製薬メーカーともオンコロジー研修にはかなり力を入れているケースが多いです。

他の領域も同様ではありますが、やはり正確で素早いな情報提供は重要です。また、薬物療法についても会話が成り立たないと、なかなか信頼を得ることも難しいようです。

専門領域を変えたいMRの方も、各製薬メーカーからのMR求人情報はしっかりと得られるように予めMR転職サイトに登録し、キャリアの相談をされておくと良いのではないでしょうか。

この流れは引き続き予想されますから、製薬業界、各社の求人動向は情報は逃さないようにしておきたいですね。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ