全く別の専門領域MRに転職成功するには

MRとして市場価値を高めて生き残っていくために

MR数が減少傾向に転じていますが、今後も必要とされるMRとして仕事をしていくために専門領域を持ってスキルを磨いていきたい、とお考えの方も多いのではないでしょうか。

MR求人数も全体として減少傾向にあると言います。とはいえ、外資系製薬会社の採用意欲は高く、雇用は拡大しているそうですから、転職時には国内資本製薬企業では無く、外資を狙って見るのもありかもしれませんね。

しかしそんな状況にあっても製薬メーカーとしては、優秀なMRはやはり中途採用したいわけです。

まだまだ製薬業界でMRとして働いてきたい。
市場価値を高めて活躍していきたい。

という場合、やはりプライマリケアよりもオンコロジー、肝炎、糖尿病など専門領域を持って経験を積まれることを考えてみてはいかがでしょうか。

もちろん市場価値の高さは専門領域の経験だけで決まる訳ではありませんが、大きな影響はあります。実際、オンコロジー領域経験3年以上、糖尿病領域経験者歓迎、といったMR求人がありますからね。

さらには基幹大学病院担当になる事が出来れば、活躍次第で大きく市場価値を高めていくことは可能でしょう。

異なる専門領域MRとして転職したい

ところで、既に何らかの領域を専門としてお仕事をされているMRの方もいらっしゃると思いますが、異なった専門領域MRとして実は働きたい、といった方もいるのではないでしょうか。

「実は昔から違う領域に興味があったが、最初に違う領域に携わってたまま、ここまで仕事をしてきた。30代、40代、区切りの良い年を前に思い切って目指してみたい」

「今の領域では画期的な新薬発売に限界を感じるので、領域を変えたい」

「将来的に需要がありそうな専門領域を目指してみたい」

「キャリアを長期で考えて、昔から働きたかった製薬企業の採用ニーズが高い専門領域の経験を積んでいきたい」

など、転職を希望されるMRの方お一人お一人に転職理由があるでしょう。そうした時にこそ活用できるのが、MR転職サイトです。

MR転職を有利に進めるには、業界全体の求人動向も大切

この記事の冒頭でも記載しましたが、MR転職を有利に進めるには、業界全体の動向も知っておいた方が良い事は間違いありません。

ただし、いちMRとして個人でそうした業界、製薬企業の採用動向を知ることは難しいですから、【MR BiZ】や【DODAエージェントサービス】などMR転職に特化して情報収集、転職サポートを行っている転職エージェントを活用される事をおすすめ致します。

こうした転職エージェントには元MRが多く在籍しています。中には経験豊富な元MRがいる場合も。長期的に目指す所があるのであれば、どういったキャリアの積み方があるのか、といったアドバイスをもらう事も出来るでしょう。

こうした転職支援に関して情報豊富なエージェントを活用する事で、あなたの転職活動のスピードも増すでしょうし、書類選考や面接対策も行う事ができますから、転職成功に向けて進めていく事が出来ます。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ