【MR転職】転職回数よりも在籍期間が重視される

在職期間がMR転職では重要視されます

MR転職の際のポイントとして、履歴書での選考や面接の際に重視されるのが、転職回数もそうではありますが、その製薬会社に勤務していた在職期間です。転職回数が複数回に渡る場合には、1社あたりの勤務年数が重視されます。

年齢によっても相応の転職回数というのは、やはりありますよね。例えば、20代MRであれば2回が限度ではないでしょうか。それ以上になるとすぐに転職する人材、というイメージが拭えません。

企業として採用したくない人材に、「すぐに転職(退職)しそうな人材」があります。これは実際に、知り合いの採用を担当する役員・部長などに聞いても、ほぼ出てくる採用したくない人材といって良いです。

ただし、短期間で業績にテコ入れをしたい、その人材が突出した能力・実績を持っている場合にはその限りではない、という話をする人もいましたが、基本的には「すぐに辞めそうな人は採用したくない」事は間違いないでしょう。そのため、職歴の多さは確実に選考に影響を与えると言って良いですね。

ただし、不運にも勤務先の会社が倒産していた場合や会社都合である場合には、転職回数にはカウントしない場合も多いですから、そこはしっかり明記すべきですね。

例えば転職回数が多めであっても在籍期間がある程度長いのであれば、転職理由や志望動機によってカバーする事は十分に可能です。もし転職回数が多い場合、事実は変えられませんから、なんとかそれまでの実績、志望動機などでカバーするしかありません。

また、応募先を選ぶ事も重要です。転職回数の受け止め方も製薬会社によって様々なんですね。回数が多い場合には基本的にNG、という採用担当者もいれば、とりあえず面接してMRとしての中身も見て総合的に判断したい、という場合もあります。

転職回数が多く、在籍期間も短い・・・といった場合には、転職するにしてもMRとしての中身もしっかり評価してくれそうな応募先(製薬会社)を選ぶ必要があります。

そうした評価をしてくれる製薬会社の情報を知るには、個人レベルでは難しいですから、やはりMR転職サイトを活用して情報を得られることをおすすめします。

弊社サイト経由で利用が多いMR転職サイトを、

MR転職に利用したい転職支援サービス

としてご紹介しています。

最も利用が多いのは、MR BiZとなっています。情報量は【業界随一】と評価も高いですから、製薬会社の採用方針など情報を確認してみてはいかがでしょうか。

転職回数と在籍期間について

どれくらいが在籍期間が短いと感じるかは、採用担当者によって違うと思いますが一般的には2、3年だと短いと感じる期間ではないでしょうか。1年未満の在籍期間での転職は、さすがに短いと言わざるを得ないでしょう。

ただし、短期間での転職後に4年、5年などしっかりとした在職期間があれば、転職癖があるといった印象を打ち消すことは出来るでしょう。その場合は、「なぜ短い在籍期間で転職をしたのか」といった理由は説明する必要がありますね。確実に質問される箇所として準備をしておく事は必要です。

このように転職回数と在籍期間については、MR転職に限らずどの職業においても、当てはまる事かと思います。転職回数よりも在籍期間を気にする製薬メーカーは多いです。事実は事実として、それをカバー出来るような転職理由、志望動機、面接対策を行う必要があります。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ