英語力(TOEIC)を活かせる転職先を見つけたい

英語力はMRの仕事に役立つ?

MRとしてお仕事をされている方の中には、学生時代に留学していたり、幼少の頃に海外に住んでいて、せっかく身に付いている英語力を活かして働きたい、とお考えになっている方もいると思います。

MRの仕事は基本的にはそれほど、日常の仕事においては英語力というのは求められる機会は少ないですよね。ただ、海外の論文を見ることができるのはMRとして医師に情報提供を行う上ではアドバンテージになります。

ライバルの製薬メーカーMRよりも早く、論文を提供できれば面会する機会もそれだけ得られますから、ポイントになりますよね。

事実、そういった営業活動を行っているMRの方もいます。多忙な医師は自分ではそこまで海外論文の情報を得るために時間を使うのが難しいので、こうした情報提供を喜ぶドクターは多いですよね。

もちろん外資系の製薬メーカーにお勤めになっていて、管理職などを目指していたり、管理職候補として転職先を見つけようと思った場合には英語力は必要となります。

ちなみに、2012年にファイザーがオンコロジー(がん)領域MRの英語力向上に取り組むと発表したことを思いだしました。英語力向上によって、海外論文をより早くスピーディーに医師はじめ関係者に提供するのが狙いだったはずです。製薬メーカーとして、こうした英語力向上に取り組んでいる企業もあります。

英語力(TOEIC)を活かす転職先を製薬メーカーの中から探したいのであれば、英語力の活用に積極的な製薬メーカーの情報を中心に得られると良いでしょう。

とはいっても、なかなか「どこの製薬メーカーが英語力の活用に力を入れているか」といった情報は調べにくいですよね。そこでMR転職エージェントを活用して頂きたいと思います。

MR転職に特化したMR BiZは、様々な製薬メーカーの情報を業界トップクラスの情報収集力で集めています。英語力向上に力を入れている企業の情報、英語力を持ったMRを採用したいと考えている求人がある、といった情報を持っている事も期待できます。

MRとして医薬品業界で転職を考えたい場合には、こうしたMR転職サイトを活用されると良いと思います。

製薬メーカー以外への転職も考えたい場合

英語力を活かす、と言うことで考えるとMR以外の職業の方が良い場合もあるでしょう。実際、MRとして働いていると上記で記載した以外には、英語はそれほど求められませんからね。

であれば年齢にもよりますが、20代や30代前半であれば十分に異業種転職に成功する可能性はあります。

特に英語力が求められる仕事は、MR以外に目を向けるとたくさんあります。MRとしての経験、能力を活かして働く事が出来る仕事もたくさんあるでしょう。コミュニケーション能力は多くの職種で評価されますよね。

MR以外の転職も考えて情報収集をしたい、と言う場合には、リクルートエージェントがおすすめです。

製薬メーカー、MR転職以外にも転職業界トップクラスとして、実に多くの業界、業種の求人情報が集まっています。そのため、「具体的にこの仕事に興味がある」という方以外でも「良い企業があれば転職を検討したい」という方でも相談しやすいでしょう。

情報収集だけでもこうした転職サイトは活用できますので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ