【MR転職】未経験領域を希望する時の志望動機

担当領域を変えることの大変さ

MRとしてキャリアをお持ちの方の転職理由として、
「今までとは違う領域を専門とした仕事をしたい」
といった転職理由もあります。

これからは専門領域を持つMRがより必要とされます。

など、MR一人ひとりで転職理由は違ってくるかと思いますが、未経験領域へ転職を希望する際に気をつけるべきポイントがあります。

それを理解した上で転職をしないと、営業成績も落ちていく可能性もありますし、仕事が辛くなる可能性もあります。

担当領域を変えるということは、それまで積み上げてきたものがゼロとなり、再スタートをしなければならない、ということを意味します。

領域が変わればアプローチすべき医師も変わります。これまでの領域で培ってきたドクター達との関係は引き継ぎをし、また担当領域のドクターと信頼関係を一から構築することになります。

今までのキャリアからすべきことは分かっていますから、迷うことはないとは思いますが、ドクターの性格、ライバル会社の強力さなどから苦戦する可能性もあります。その間、営業成績が伸び悩む可能性もありますから、そうした壁を突き破る精神力も必要と言えるでしょう。

5年目、10年目の節目で考えるMRとしてのキャリア

5年目、10年目ではなくても良いのですが、念願のMR職に就き、仕事を日々やり遂げていく中で次第に「やりたい仕事」が出来てくると思います。

それが今の延長にあれば良いのですが、無い場合には転職という選択肢となるでしょう。

MRとして仕事をしていく中で、どうしても携わたい領域は変わってくる事があります。眼科領域で仕事をしているが、中枢神経系にいきたい。オンコロジー領域でもっとストレッチしながら仕事をしたい。プライマリー領域としてはやり遂げた感があるので、オンコロジーMRとしてまた頑張りたい、というようなMRの方は実は多いのかもしれません。

もっと成長したい、というのは多くの方が持つ欲求なのでしょう。(そうした成長意欲があまり無い方もいますが・・・)

MR求人サイトを見ていると、MR求人の中には、「オンコロジー領域未経験MR歓迎、応募可」といったような募集も見受けられます。

未経験から領域への転職となれば、やはりこうした記載がある求人へ応募する必要があります。未経験からチャレンジ歓迎のポジションですね。

こうした未経験歓迎のMR求人を探す際にも、MR転職エージェントは活躍してくれます。未経験ながらも高待遇であったり、人気の製薬会社などの場合には、非公開求人になっている事もありますから、MR転職エージェントを活用してみることをおすすめしたいと思います。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ