MR転職 経験年数による有利・不利

MR経験年数1年ではやはり短い

MR転職を考えた時、MR職の経験年数による有利・不利ってあるのでしょうか。

もし経験年数によって転職が有利になったり不利になったりするのであれば、本命の転職先がある方はあまり長く今の会社で働き続けると転職が難しくなってしまうかもしれません。

MR求人を調べていると、募集要項にある応募条件としては、一般的には

「MR経験年数2年、もしくは3年以上」

と掲載されている事がほとんどかと思います。

やはり経験年数1年では短いですよね。
まだまだ勉強中であり、中途採用したとしても即戦力にはなりにくいという判断からそうした「MR経験年数2年、もしくは3年以上」という記載になるのだと思います。

ただし、これには年齢も関係してきます。

MR経験3年、25歳。
MR経験3年、30歳。

どちらを面接しようと思うでしょうか?

やはり前者かと思います。実際、書類選考の可能性は高いでしょう。
後者の場合には、経験年数の割には年齢が高めです。

やはりMRの転職も若い方が(経験年数2,3年以上で)転職成功の確率は高くなります。

後者の年齢の場合には、実績や後進の育成などもアピール材料として欲しいところですが、3年などでは後進育成も難しいでしょうからやはり営業実績が欲しいところです。

年齢によって企業が求める経験、スキルは変わるということ

一般的な話となりますが、企業側が求める人材の経験、スキルはやはり年齢によって変化します。

【新卒社員から20代半ば】

新卒社員から20代半ばまでは、社会人としての基礎的な事をベースに中途採用を考える事が多いです。
それほどまだ実績を問われない年代となります。

第二新卒と言われる人材も、上記に当てはまりますからポテンシャル採用が多くなります。
ですから、転職はしやすい年代といって良いでしょう。

社会人としての基礎があるから採用してみようか、という異業種転職、ジョブチェンジもしやすい年代です。

【20代後半~30代半ば】

そろそろリーダーを経験し、部下を持つ方も多くなる年代です。
中途採用の場面においても、そうした経験を持っている人材が評価されます。

現在の企業の規模によりますが、部下を持っていて当たり前の規模の企業で部下無しだと、それに関して突っ込まれることもあるでしょう。

「なぜリーダー経験などがないのですか?」
といった具合です。

色々なケースを想定して面接対策をする事が必要な年齢となってきます。

【30代後半以上】

キャリア(管理職候補)としての中途採用がメインとなります。
しっかりとキャリアを積んできていないと、転職は難しい年代となります。

年齢が上がれば上がるほど、転職の難易度も上がります。
失業すると再就職先が見つかりにくいことにも関係しています。

肩書きはあっても実績が無い方は要注意です。

転職を考えている方は、再現性のある戦略立案、実行に関して日頃から意識を持って仕事にあたることで良い結果を生み出し、それを転職の際には論理的に説明できるようにしておきたいですね。

年齢によって求められるスキル、経験などに関しても転職エージェントは過去の転職実績や企業ごとのデータベースから情報を持っているでしょう。機会があれば相談してみてください。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ