30代のMR転職

MRとして転職をするにあたり、年代によって求められる能力などはやはり異なってきます。

これは他の職種でも同様かと思います。

MR未経験者の転職

20代であれば、MR未経験であっても他業界で営業職としての経験があれば、中途採用されることも十分可能でしょう。

もちろん、履歴書、職務経歴書、志望動機などをしっかりと準備し、なぜMRへ転職したいのか、なぜ御社を選んだのかといった事を説明する必要があります。

30代であれば、未経験者の中途採用はハードルが上がるでしょう。

特に、35歳を超えると管理職として、リーダーとして仕事にあたった経験を求められることが増えてきます。

管理職としての採用が前提であれば、尚更求められる能力、経験は高くなります。

特にマネジメント能力、新しい仕事をゼロから立ち上げる能力などは評価の対象となるでしょう。

MR経験者であれば説明もしやすいと思いますが、異業種、未経験からの転職となる場合には、採用担当者に分かりやすく、ロジカルに説明することが必要です。

このとき、MRとしての理想論を書いてしまう方もいますが、現実的には売上げを上げられなければいけませんから、今の仕事での営業実績を記載、どのような営業戦略を持って成し遂げた数字なのかを説明した方が説得力はあるでしょう。

MR未経験であれば、若い方が採用されやすいです。
これはもう事実です。

経験が浅い20代とも比較をされることも多くなりますから、中途採用後、入社後は必死に勉強することも必要となってきます。

MR経験者の転職

MRとしてキャリアを積まれている方の転職では、先ほども書いたように、35歳くらいの転職からは、管理職としての採用も増えてきます。

もしくは近い将来的に、管理職、リーダー的なポジションとして活躍を期待されます。

また近年のMRの仕事内容として、より専門的な知識を持ったMRも求められています。

オンコロジー領域に特化したい、中枢神経領域、眼科領域に特化したい、といった方を優先的に採用したいという製薬会社もあります。

MRとして専門領域を絞り込んでこれからは仕事をしていきたい、経験を積んでいきたい、といった場合にはMR転職エージェントを利用して情報収集をされると良いでしょう。

条件を絞り込んで調べる場合、やはり自分では限界があります。

情報量が豊富なMR転職エージェントを利用した方が、効率良く情報収集をすることが可能となります。

当サイトでは、当サイト経由で最も利用が多い2大転職エージェントにMR転職について様々な質問をしてみました。

どんな人材が採用されやすいか、といったような情報も掲載されていますので、MRとして転職活動をされている方は、ぜひご覧になってみてください。

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

DODAエージェントサービスに直撃インタビュー!MR転職に関する疑問Q&A

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ